スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦艦大和の街を訪ねて

今から8年前の2005年(平成17年)は太平洋戦争終戦60年目に
あたる年だったので、全国的に様々な催しや企画などがあり
ました。

私、個人的には呉市海事歴史科学館「大和ミュージアム」
の開館と映画「男たちの大和」の公開がとても印象に
残っています。

戦艦大和は昔からとても興味がありましたので、学生の頃
から色々な本を読んでました。
もちろん、プラモデルも作りました(笑)

IMG_7944.jpg
広島県呉市にある「大和ミュージアム」(呉市海事歴史科学館)
には2回見学に行きました。(2009年、2012年)

いやいや、かなりインパクトのある展示物と戦艦大和と呉市を
背景にした、戦前から戦後までを通した歴史が事細かに学べます。

IMG_7879.jpg
その前に。。。
こちら、ゆめタウン側の駐車場建物内に展示されていた
映画「男たちの大和」の原寸大ロケセット。

IMG_7881_20130803104239334.jpg

IMG_7882.jpg

IMG_7884.jpg
公開当時、尾道市向島の「日立造船向島西工場」跡地に大和の
原寸大セットがありまして、私は残念ながら見学に行けません
でしたが、現在は大砲や機銃のセットがココに移設されていた
のですね。いや〜、見れてラッキー!
※2009年に訪問撮影

さて、中に入るとイキナリ、ドーン!

IMG_7937.jpg
1/10スケールの戦艦大和です。

IMG_1032.jpg

IMG_7897.jpg
映画「男たちの大和」にも登場。

IMG_7901_20130803104536361.jpg
かなり精巧に作られています。
正にこれは大和の模型ではなく、1/10の大和そのもの。

IMG_7920.jpg

IMG_1027.jpg
甲板デッキの木板は、実際の工法で一枚一枚手張りされて
いるそうです!スゴイ!

さて、展示物の中にとても興味あるひと品があります。

IMG_0987.jpg
こちら、士官用浴室の床の一部です。

IMG_0988.jpg
6角(ヘキサゴン)のモザイクタイルですね〜!
1999年に行われた潜水調査時に引き揚げられた遺品の一部
なんですね。
大和の竣工が昭和16年なので72年前のタイルです。
※館の方に写真撮影の件で伺ったところ、放映中の映像以外なら
撮影は自由とのことでした。

IMG_0995.jpg
余談ですが、館内の壁に張ってあるのは、二丁掛と小口タイル。
レンガ調のせっ器ですね。イギリス張りで張られております(笑)

IMG_1007.jpg
更に貴重な零戦の展示。
零式艦上戦闘機六二型。

IMG_1009_20130803115445162.jpg
現存する零戦が見られる数少ない場所になります。
今年は零戦関係の話題が多いですね。

IMG_1038_201308031202276de.jpg
ミュージアムから大和製造のドックを望む。

IMG_1044_201308031202287b0.jpg
当時は呉海軍工廠。
現在はジャパン マリンユナイテッド呉工場。

IMG_1048_2013080312022946c.jpg
この三角屋根が特徴ですね〜。

IMG_1053.jpg
旧呉鎮守府司令長官官舎(重要文化財)。
ちなみに南雲中将は第30代の司令長官。
TVドラマ「坂の上の雲」の首相官邸シーンのロケ地。

IMG_1059.jpg
旧東郷家住宅離れ
呉鎮守府参謀長に就任した東郷平八郎が約1年7か月間住んでいた
家の離れ座敷。

呉市は14回も空襲されていたとは!
日本の軍事的重要エリアだった呉市。
大和で培われた技術は今に伝わり、戦後復興の大きな原動力に
なったのですね。

勉強になりました。

参考文献
「大和ミュージアム 常設展示図録」ザメディアジョン発行
「戦艦大和 復興プロジェクト」 戸高一成著 角川書店



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。